UO日記


by keropu
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

評議会殺人事件 その16 UOの歴史を振返る①

評議会殺人事件イベントの感想と、府に落ちない点などを
書こうと思ったのですが、もう少しUOの歴史に詳しくないと
書けない気がして来た!

どうしてこう凝り性なのでしょう。

と言う事で、今回はさかのぼりにさかのぼってUOが始まった
時からの歴史を見て行きたいと思います(さかのぼり過ぎ

まあ今まで途切れ途切れにしか知らなかったUOの歴史を
お勉強するチャンスです。

その中で、今回登場する人達のつながりを確認していこうと
いう試みですよ。

UOが正式にスタートしたのは、1997年の9月の終わり頃
だったそうです。

それ以前のベータテストの時には、ロードブリティッシュが
プレイヤーに殺されてしまった有名な事件がありました。

その後もロードブリティッシュは病気になって、秘薬を集める
イベントがあったのですが間に合わず死亡(ぇ
というイベントもあったそうです。

正式スタートした後のUOも、まだまだあちこち不安定で
初めのうちは銀行にはお金しか預けられなかったとか。

1997年10月の終わりには銀行にアイテムも預ける事が
できるようになったそうですが、まだ銀行にも1000ストーン
の重量制限があったそうです。

1997年12月にタウンクライヤーが設置。

1998年1月、ここでFoAイベントが開始されます。
こんな昔から登場していたのですね!

1998年8月、ブリタニアに大地震が発生し、その地震
により開いた洞窟から新大陸が発見されます。

これが The Second Age(T2A)のベータテストの幕開けです。
そしてこの地震はFoAがブラックロックを爆発させたために起こった
ようなのです。

え・・・FoAお手柄!?

この辺のイベントのお話は簡単にですが、このブログの
「評議会殺人事件 その1 FoAの歴史」 に出ていますが、
ザ・セカンドエイジ(T2A)が導入されるに当たって起こった
このFOAイベントを、ここでもう少し詳しく書いてみます。

トリンシックの衛兵長だったHartham(ハーサム)が、
毒を塗った刀で暗殺される事件から始まります。

犯人はDuryn(ダリン)というThe Zog Cabal(のちのFoA)のメンバー
でしたが、ハーサムの養子であるCrawworth(クロワース)に捕まり
「世界は壊滅する」という言葉を残して自殺します。

ハーサムの養子クロワースはハーサムの追悼集会を開きますが、
その最中にThe Zog Cabal(のちのFoA)が現れ、「世界が滅ぶ」 
と言います。

The Zog Cabal(のちのFoA)メンバーのLich Lathiari
(リッチ・ラシアリ)が正義の神殿を襲撃して、神殿石(Shrinestone)
を奪います。

The Zog Cabal(のちのFoA)メンバーのLord Jou'nar(ジュナール)
が崇高の神殿を襲撃して、3人の修道士を殺害し彼らの持っていた
特別なネックレスを奪います。

ハーサムの後を継いで衛兵の隊長を務めていたクロワースが
Finth Desryn(フィンス)を後継者に指名して辞任します。
そして、「The Zog Cabal(のちのFoA)を自分で始末したい」
というメッセージを残して姿を消します。

クロワースの後継者となったフィンスの妻が、スカラブレイから
トリンシックへと、武器を積んでキャラバンと共に移動中、
The Zog Cabal(のちのFoA)に襲撃されて死亡します。

ベスパーに沢山のトロルが出現し侵略が始まります。

崇高の神殿を襲撃した、The Zog Cabal(のちのFoA)メンバーの
ジュナールが殺害され、ロード・ブラックソンが誘拐されます。

The Zog Cabal(のちのFoA)を自分で始末したい」と言って
姿を消したクロワースが現れ「The Zog Cabal(のちのFoA)
アジトを突き止めたので、彼らの計画を示す手がかりや証拠を
取ってきて欲しい」と呼びかけます。

また、クロワースは「The Zog Cabal(のちのFoA)の次の目的は、
Britainの陳列ケースからモンデインの遺骨を盗み出すことだ」
と言います。そして実際に盗み出されてしまいます。

クロワースが「The Zog Cabal(のちのFoA)はヘッジメイズ
(巨大迷路)に集結している」と言う情報を知らせ、激しい戦闘の結果
5人のThe Zog Cabal(のちのFoA)メンバーが殺害されます。

クロワースが殺害され、バラバラにされたと言うニュースが広まり
Britainとトリンシックの間にある橋が血まみれになっており、メモ
が発見されますが、オーク達によって幽閉されていたクロワースが
発見され救出されます。

ブリタニアに大地震が発生し、その際に謎の穴が開きます。
この地震が、The Zog Cabal(のちのFoA)の唱えた
アーマゲドンの魔法のためと判明します。

Jasper McCarrin(ジャスパー・マッカーリン)が地震の原因と
The Zog Cabal(のちのFoA)について調べ始めます。

地震により開いた穴の奥に、クロワースを隊長とする探索隊が
向かいます。

1998年9月、初の日本シャードであるAsukaとYamatoが
オープンしますが、これはこのクロワース探索隊に同行した
ジャーナリストのCaitlin Elopidat(ケイトリン・エロピダット)
が発見したそうです(ぇ

ここから、このブログの「評議会殺人事件 その1 FoAの歴史」
に書いたお話につながり、クロワース探索隊の一員であるXarot
の妻のReneeが、大地震はFoAによるアーマゲドンの魔法のため
だと言う情報を話します。

そして、クロワースの手記に 
「The Zog CabalがFollowers Of Armageddon(FoA)に
改名している」
と書いてあったのでした。

また、WinslowとJuliaがFoAメンバーであると記されている文書が
発見され、2人を拘束します。

そして誘拐された(もしくは自らついていった)ロードブラックソンが
帰還し、Winslowを釈放して彼を城に招く意向を表明します。

ところがその後、Winslowの白骨死体がシェイムダンジョンで
発見されます。

そしてそれから2ヶ月ほど経った頃、FoAのリーダをシェイムダンジョン
で逮捕します。

このFoAのリーダーと言われる男が、Winslowとそっくりだった
ことから、本物のWinslowを殺してシェイムダンジョンに放置し
すり替わっていたと思われます。

そしてこのFoAリーダーの裁判が行われたようです。

また、ロード・ブリティッシュがFoAはブリタニアの人々の敵であると
正式に認める演説をします。

ロストランドを探索していたクロワースの探索隊が、全滅します。

こうしてザ・セカンドエイジ(T2A)は幕を開けたのでした。

なんかFoA大活躍!?
すごいいっぱい名前が出てきて、活動しまくりだったようですね。
そのFoAが今頃また現れて暗躍し始めたのですね~(しみじみ

さて、もうちょっとこのままUOの歴史を振り返ります。

1998年10月、ザ・セカンドエイジ(T2A)が正式に導入。
「ロストランド」 という新しい土地が出現します。

この頃に、家のシステムの変更があり、ロックダウンやセキュアが
導入されました。それまでは泥棒に入られたら終わりでしたね。

また、ルーンブックやポーション樽などの導入もこの頃だったようです。

1999年1月には、モンスターが宝の地図を落すようになり
トレハンやSOSなども始まります。

この頃に新しい仕様がどんどん導入された背景には、オリジン社の
UOデザイナーの交代などがあったようです。

「Desiner Dragon(通称DD」と言う方から、、「Sun Sword」
と言う方にバトンタッチしたようです。

1999年6月には、Barber SAKAI(バーバーサカイ)による
髪型変更券の販売が行われます。

お馴染みのサカイ一族の登場です。

ちなみにわがYamatoシャードでは、アクシデントにより
販売が中止されたとか・・・。

1999年7月、長く続いていたゴルモアイベントも、皇帝ゴルモアを
倒し終了します。

2000年3月、「UO Renaissance(ルネッサンス)」 が導入。

   るねっさ~んす! byヒゲ男爵
b0096491_1881383.jpg

この UOR(UOルネッサンス) で、UOは大きく変化します。

スキルバーストの導入(懐かしのパワーアワー)があり、それまで
猛烈に上がらなかった(数日間スキルを使い続けてやっと0.1とか)
ために、スキルがGMの人がほとんどいず、GMの人は尊敬されて
いた時代は終わりを告げます。

さらに、今までひとつしか存在しなかった世界に、そっくりなもうひとつ
の世界、「トラメル」 が導入されました。

フェルッカと言うのは、女帝ミナクス様が治める世界です。
そして、その殺伐とした世界から脱出するために、魔術師
Nystul(ニスタル)が色々頑張って、トラメルを出現させました。

そこら辺の様子は2000年4月のワールドニュース「石碑の建築」
http://ultimaonline.jp/community/news.phtml?id=5719
そして、同じくワールドニュース「神秘の呪文」 に出ています。
http://ultimaonline.jp/community/news.phtml?id=5729

そして呪文の詠唱が終わりに近づくと、ベルトに挟み込んでいた
ポーチからムーンストーンが地面に落ちた。

数秒後、ムーンストーンは地面に姿を消したかと思うと、不思議な
ムーンゲートが姿をあらわした。

私はそのムーンゲートに引き込まれて行った。

(中略)

そこに見えたのは昔と変わらぬ場所、そう何度も夢にみた平和な世界。



確かこの頃はまだ、常設されているムーンゲートでは
トラメルとフェルッカの間を行き来することは出来ず、
モンスターの落す「ムーンストーン」という石でのみ行き来
が出来ていたような気がします。

そして初心者(ヤングタグの付いている人)しか入れない街
ヘイブンが登場します。

2000年8月には、ガーゴイルツルハシが導入されたらしき
ワールドニュース「血塗られた鉱石」が発表されています。
http://ultimaonline.jp/community/news.phtml?id=5727

と・・・・長くなったので唐突ですが今回はここまで!
続きは次号です!(まだ続くのか
             
               UO ウルティマオンライン
by keropu | 2008-07-20 18:36 | ■評議会殺人事件(FoA)