カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

BNNニュースを追う その3

遊んでたりお勉強してたりDVD見てたりお出かけして
雨に打たれて丸1日寝込んでたりでちょっと間があいた
けど続きです。

UOしないとPCもロクに立ち上げないのでつい間が
空いてしまいます。

そんなわけで今日も深夜1時ごろ目が覚めてログイン
したら戦闘中だったので参加。

最終アクト10とか!

私が参加した時点で7、その後クリード先生、AREX君
松田さんが時間差で加わって10になりました。

と言う事で日記の続きです。


■徳の影 - 戦いの前兆 2010年12月18日

旦那さんのオルスを心配するドーン女王。

オルスはどこにいるの? まだ生きているの? 最近、色々な方向から多くの影が忍び寄っている。彼女の本能は、夫はベインの選民によって誘拐されたと告げていた。

ドーン女王するどいね!

また、ドーンは来たるべきベイン軍との戦いに備えて
船を発注したり、勇気の鐘のレプリカを注文したりして
います。

発注していた新しい船の完成も近づいていた。これは、マジンシアで必ず起こるであろう包囲戦に於いて、ブリタニア海軍の優位性を確実なものとするための重要な鍵となるだろう。


背の低い太った紳士が深くお辞儀をした後、物体へ歩み寄って絹布を引き、取り去った。

台座の上に置かれた大きな鐘が姿を現した。

モーティマーはもう一度お辞儀をした。「勇気の鐘の精巧な模造品、レプリカでございます。陛下」


精巧な作りに大満足のドーン女王。

一方その夜、マジンシアに設置されたベインの祭壇では
怪しげな集まりが開かれていました。

ベインの選民の魔術師たちが祭壇の周りで手を繋いで輪になり詠唱を行っていた。彼らの体が暗黒の力で満たされていく。彼らひとりひとりの背後には大きな剣を手にした巨大なデーモンが立ち、魔術師と同様に詠唱を行っていた。

突然、夜空から大きな稲光の矢が落ち、祭壇を撃ちぬいた。これを合図に、デーモンの剣が前方へ振られた。魔術師の頭が躰と離れ、悶えているようにも見える躰の、かつて首と呼ばれた部分から暗黒のエネルギーが解放される。放出されたエネルギーは彼らの躰を離れ、円を描きながら集まり、祭壇の上で黒いゲートとなった。


ヒィ。

生首たくさん吹っ飛んで、その首から暗黒のエネルギーが
放出されて集まったゲートから、エンシェントヘルハウンド
が次々と飛び出してきます。

そしてついに・・・

二つの巨大な角がゲートに穴を穿ち、巨大な双蹄が祭壇の上に踏み出してきた。雷鳴が轟き、空が悲しみで涙を流すかのように雨が降り始めた。こうして、バーチューベイン猊下はソーサリアの世界へご降臨あそばされたのである。

バーチューベインがご降臨です。

て言うか、誰?

以前のイベントのFoAなどは過去のUOにも存在していた
悪役でしたが、この人は初耳です。

とにかくバーチューベインさんはやる気満々です。

「見よ! バーチューベインの時代がもう手の届くところまで来たのだ! 進め! そして運命を手中に収めよ!」

戦士たちから猛烈な喝采が上がった。そして、彼らは雨に刃向かうかのように松明を掲げた。

バーチューベインは雨でずぶ濡れになった拳を固く握り締め、顔まで下ろした。「二面性のクリスタルを我の元へ持ち来る戦士には、新たなるソーサリアにおいて我の右腕としての地位を与えようぞ!」


この方は、二面性のクリスタルとやらが欲しいようです。

そして、たぶんこれをきっかけに、ベインの侵攻イベントが
パブ69にて始まったのではないかと思われます。

お休み中でどんなイベントだったか1ミリも知らないけど。
               
               UO ウルティマオンライン
by keropu | 2011-04-30 03:28 | ■イベント